意外に知られていない柔道整復師とはり師の仕事の違いと必要資格

意外に知られていない柔道整復師とはり師の仕事の違いと必要資格

柔道整復師とは、スポーツや日常生活の中で捻挫や脱臼といった怪我を負ってしまった場合に外科手術を行わない治療を行う専門家のことを言います。

日常生活の中で「ほねつぎ」といった看板を見かけることもありますが、ここで働いている人も柔道整復師です。

柔道整復師



この職業になるためにはまず専門的な知識を勉強して国家試験を受けて合格する必要があります。

勉強の方法はセミナーに通ったり通信教育を受けたりといろいろな選択肢の中から自分に合ったものを選ぶことが可能です。

柔道整復師という名称になっていますが、必ずしも資格の取得のために柔道を経験する必要はありません。

柔道整復師は国家資格であることから、資格を取得することで自分でお店を開く開業の許可が得られるのです。

そのため、トレーナとしてスポーツの団体に雇われている人もいれば、自ら開業して経営者になるなど選択の幅は多様といえます。

鍼灸師



一方ではり師とは、専門の鍼やお灸を利用して体に無数に存在するツボを刺激して、人間の体に元々備わっている自然治癒力を高める専門家です。

はり師と鍼灸師を同じと考えている人も少なくありませんが、はり師と灸師は本来別の資格で、それを両方を持っている人が鍼灸師になります。

はり師は国家資格に分類されますが、試験を受ける前に一定の条件を満たさなくてはいけません。

まずは文部科学省や厚生労働省が認可している専門学校や大学に通って専門的な知識と技術を学ぶことが義務付けられています。

そこでの勉強期間はおよそ3年ほどで、これらの学校を卒業して初めてはり師の国家試験を受ける資格を得ることができるのです。

はり師は東洋医学や現代医学の能力も必要とされます。

まとめ



柔道整復師とはり師は共に国家資格であり、専門的な知識と技術を利用して施術を行って患者の体を治療するという点では同じです。

しかし、柔道整復師は鍼治療は行えませんし、はり師もまた整復や固定といった施術を行うことはできません。

また、柔道整復師は資格取得後の進路が開業や病院、介護施設やスポーツトレーナーと幅広い選択肢がありますが、はり師は現段階ではそこまでの幅の広さはないというのも異なる点です。

治療費においても、柔道整復師の整体の治療は保険が適用されますが、はり師の鍼治療の場合は医師による同意書がないと保険を適用することができないという違いもあります。

整体や鍼治療の需要は増加傾向にあり、今後も働ける環境が広がっていくことが予想されるため、これらの資格を取得しようと考えている人も少なくありません。

スリーサイズ・オンラインで求人を掲載してみませんか?掲載はコチラから