パーソナルトレーニングを導入?整骨院の事業展開に有効な方法

パーソナルトレーニングを導入?整骨院の事業展開に有効な方法

整骨院で独自性を生むアプローチ



繁盛する整骨院を経営するためには独自性を生むアプローチが必要になってきています。

開業を目指す人が増えて各地に整骨院が多くなったためです。

集客のためのアプローチを考えなければ生き残りが難しくなっています。

その経営方針の一つとして登場してきたのがパーソナルトレーニングの導入です。

ただ施術によって骨格矯正を行っていくだけでなく、パーソナルトレーニングを行うことで個々の患者さんに合った最良の方法で身体の中から改善に働きかけていくことができるようになります。

指導方法はガイドラインがあるわけではなく、経営者が定めて適切に行っていく必要があるため、独自性を生み出すのが比較的容易です。

パーソナルトレーニングを導入するメリット



パーソナルトレーニングを導入すると経営者にも患者さんにもメリットがあります。

患者さんとしてはパーソナルトレーニングを受けることでただ施術を受けるだけではできない、筋力や柔軟性の向上による状態の改善を目指すことができます。

施術を受けているだけでは日常的に支障なく生活するのが難しかったという場合でも、パーソナルトレーニングを始めて問題なく生活できるようになったという事例も少なくありません。

より健康的に生活できるアプローチとなります。一方、経営者の立場からは患者さんの満足が得られやすいため、リピーター獲得をしやすくなるのがメリットです。

また、追加料金を設定することで新たな財源にすることができる点でも優れています。

その指導に独自の方法を取り入れていくことで他の整骨院との差異化もでき、集客力の向上につなげることも可能です。

信頼の獲得が肝心



パーソナルトレーニングの導入を成功させるにはお客さんからの信頼を獲得することが肝心です。

前向きにトレーニングに取り組んでもらうことで効果が高まります。

そのためには指導内容を理解して、自分から率先して取り組んでもらうことが欠かせません。

患者さんがどうなりたいのかに応じて適切なメニューを作り、その意味の理解を促して取り組ませるという根気強さが必要になります。

それを達成することで信頼を獲得できるとリピーターとしていつまでも通ってもらえるのです。

事業展開として重要なパーソナルトレーニングの導入



顧客との信頼関係が必要になることから、パーソナルトレーニングの導入は事業展開として重要になります。

既にリピーターになっている患者さんを逃さないようにするサービス展開として優れているからです。

最初からパーソナルトレーニングを受けるのを目指して来院する患者さんは少ないですが、いつでも対応できるようにサービスとして導入しておくと要望に速やかに応じることができます。

スリーサイズ・オンラインで求人を掲載してみませんか?掲載はコチラから