【後編】元ソフトバンクホークス馬原孝浩、特別インタビュー「何事も誠心誠意、一所懸命に取り組むことが大事です。」

【後編】元ソフトバンクホークス馬原孝浩、特別インタビュー「何事も誠心誠意、一所懸命に取り組むことが大事です。」

前回、

元ソフトバンクホークス馬原孝浩、特別インタビュー「何事も誠心誠意、一所懸命に取り組むことが大事です。」前編

をお伝えしました。今回は馬原さんの今後の目標や学生生活について聞いていきます。

-まえおき

歴代7位、通算182セーブ。最速158kmの剛速球。
日本プロ野球界を代表するクローザーだった馬原孝浩さん。

ソフトバンクホークスで長くストッパーを務め、07年には38セーブを挙げてタイトルにも輝いた。

13年にバッファローズに移籍し、多くのシーンで活躍された言わずと知れたトップアスリート。そんな馬原さんが現役を引退し、進んだ道は

「柔道整復師・鍼灸師の国家資格」を取得する道。

現在、馬原さんは九州医療スポーツ専門学校(学校法人国際学園;福岡県北九州市)の柔道整復学科とスポーツ鍼灸学科の1年生だ。(二つの学科は週3日開講の夜間部の為、3年間でダブル資格取得を目指すことが可能)

現役引退後、「何故その道を選んだのか」そして、「プロアスリートの視点からみた、スポーツトレーナーの存在について」を聞いてみた。



ー トレーナーの方とのエピソードや一番忘れらない出来事はありますか?


馬原氏: 私生活をともにするので、色々ありますが、一番お世話になったトレーナーの方は、自宅から毎日1時間半から2時間かけて通ってくれていましたね。

僕よりだいぶ年上の方でしたが、3回くらい泣いたって言ってました(笑)

マッサージとかストレッチは、それが思いっきりパフォーマンスにつながるので、僕は絶対妥協しませんでしたから。そのあとのトレーナーの方々にも同じように教えましたが、彼らが治療院で普通にやっていることとは、全然違うことをやるので、彼らにとっては、なかなか苦しい日々だったと思います。

僕は、全身全霊で教えるんですが、それをわかってもらえるのは本当に難しいんですよ。ひとつの人材育成なんですが、こんなに難しいものなのかって現役時代、思いましたね。

学生になって環境が変わった事



ー 今までとは全く違う環境になられましたが、学生生活で心がけていることはなんですか?


馬原氏: 現役時代、僕は抑えの投手でしたが、抑えというよりチームの勝ちや先発の勝ちなど、色々なものを短いイニングで背負わなきゃいけないんですよ。

僕は先発も経験してるので、先発で勝つという大変さ、一勝の重みっていうのを重々わかっているし、試合には5・6人の投手が登録されていて、自分の登板に合わせて全力で調整してくるわけですから、自分自身もその試合に向けて精一杯準備はしなきゃいけないなと思いながらやってました。志を高く持ちながら、小さな目標をどんどん作ってやっていきました。

2年半後の国試合格に向けて頑張るというのが目標なので、毎日勉強することしかないんです。

ただ、人と同じことをやっても面白くないと思ってます。学校で学ぶ内容は皆同じなので、違ったものも吸収したいですね。資格を取った後に バタバタ違うことを勉強するというより、今から少しずつ勉強をしたいと思ってます。

今後の目標について



ー 資格取得後の目標はありますか?


馬原氏: まだ明確なものは決めてないです。ただ、プロ野球の世界にいたので、選手が求めるものっていうのはわかっているつもりです。

トレーナーを派遣するということもできますし、選手が求めるトレーナーを育成するということもできます。「アスリートのセカンドキャリア」についても考えています。なので、アスリートに特化した勉強は、ずっとやり続けなければいけないと思ってますね。

また、資格を取った時がゴールじゃなくて、始まりです。ホップ・ステップ・ジャンプのホップの段階なので、駆出しの状態ですね。


ー 学生さんの中には資格を取得することに一生懸命で、その後に「自分がどうなりたい」という姿が、分からない方が多いよう。そんな方に向けてアドバイスしていただけますか?



馬原氏: 厳しい事を言うようですが、分からないということは、一生懸命やってないかもしれません。一生懸命頑張れば、運って向いてきますし、見てくれている人は必ずいますよ。

学校の授業を区別して、「この授業はまあいいや」と思うのではなく、全ての授業を一所懸命に受ける。それは資格取った後につながっているっていう風に考えたほうがいいですよね。

1年生から将来の姿を思い描きながら、日々の勉強をしっかりやることが必要だと思います。それをやらないと3年後やりたいことがわからない状態になる。資格を取っただけで終わってしまう。3年間がもったいないですよね。

スポーツトレーナーという仕事について



ー スポーツトレーナーという仕事は、まだ世間一般的には、知られていません。スポーツトレーナーの果たす役割とは何でしょうか?


馬原氏: トレーナーとしての実績がある人は、たくさんいると思いますが、体のケアが中心ですよね。スポーツトレーナーというより、「フィジカルトレーナー」「コンディショニングトレーナー」というほうが分かりやすいかもしれません。

現役時代に自分の身体を研究材料に使いながら、ケアの質を高めたいと思ってましたし、パフォーマンスをアップする新しいケアをつくっていきたかったんです。

怪我防止ではなく、パフォーマンスをアップさせる、かつ、メンタルも上がるケアです。そして、夫婦のように二人三脚でやっていける存在でもある。 そんなトレーナーが増えれば、日本のアスリートのレベルも絶対上がると思うんですよね。

今、若手の選手のパフォーマンスのレベルがどんどん上がって来てますが、故障の仕方も変わってきてますね。出力が大きいので、これまでにない怪我もするでしょう。

そういったことに対処する、それを事前に防ぐ、かつ、選手のパフォーマンスを低下させずに、良い調子のまま、選手生命を長くさせる、そういうトレーナーが出てきてほしいと思っています。


ー ジュニアホークスの監督に就任されましたが勉強をすることによって指導の仕方は変わりましたか?



馬原氏: 身体の見方が変わりましたよね。授業で解剖学を勉強してますが、今まで分からなかった細かい筋肉の動きが分かってきたので、子供たちがプレイしてる姿を見て無駄な動きが見えるようになりました。

子供に教えるのは 本当に難しいですよ。難しいことは言えないので、どれだけシンプルに教えられるかだと思うんですよね。

でも勉強することによって、「大きい筋肉使わせたらわかるかな」とか「ここを意識させたらいいかな」とか、引き出しが増えたので、教えやすくなりましたね。


ー 今後、東京オリンピックもあり、ますますトレーナーを目指す学生さんも増えてくると思いますが、 スポーツトレーナーを目指している学生さんにメッセージをお願いします。



馬原氏: 何事も誠心誠意、一所懸命に取り組むことが大事です。基本的なことですが、日々の授業をしっかり受ける。それが手技に結びついてくると思います。

また、私生活や学校での過ごし方も意識して欲しいし、とても大事になるんじゃないかなと思います、一所懸命にやってると、運が向くと思ってますよ。

最後に



ー 最後に、馬原さんが資格取得後、現役時代の自分に声をかけるとしたら、なんと言ってあげたいですか?



馬原氏: 「その身体を俺に預けて!」と、言いますね。  

「絶対大丈夫だから 俺に預けて!」って。

すっごく責任ありますけどね。その言葉には。 でもそれぐらいバチっと言いきって、身体をみせてもらいますよ。

取材後記

今年4月、九州医療スポーツ専門学校の新校舎落成式で初めて馬原さんにお会いした。500人以上の参列者の中、名刺交換だけのご挨拶だったが今回の取材時で再会した際、

「落成式でお会いしましたね」
と言われたのには驚いた。仕事柄、多くの方々に会う機会があるが、初めてのことだった。「一流とはこの様な方なのだ」と納得した瞬間だった。馬原さんの生き方、考え方は多くの人々の灯明になるに違いないと確信した取材でした。


ー 九州医療スポーツ専門学校について


馬原さんが通う、九州医療スポーツ専門学校は、0歳から100歳までの動ける身体づくりを実現するプロフェッショナルな柔道整復師/鍼灸師/理学療法士/看護師/アスレティックトレーナー/整体セラピストを養成する学科を設置し、国家資格取得を目指した高い専門性をもって学べるのが特徴。

平成29年4月、作業療法学科・歯科衛生学科・生涯スポーツトレーナー介護福祉学科(指定申請中)も開設予定。

横綱白鵬関、宮原智子選手(フィギュアスケート)のスポーツトレーナーも輩出しています。スポーツトレーナーに興味がある方は一度見てみてはいかがでしょうか!


九州医療スポーツ専門学校

スリーサイズ・オンラインで求人を掲載してみませんか?掲載はコチラから