【前編】「お金を稼ぐ」のが成功? いいえ。「お互いがファンと思える」ことが成功です。

【前編】「お金を稼ぐ」のが成功? いいえ。「お互いがファンと思える」ことが成功です。

施術業界を明るくする治療家インタビュー。

有限会社 オフィス・ゴトウ、後藤氏に業界を目指したきっかけについてなどインタビューを行いました。

プロフィール



会社名   :  有限会社 オフィス・ゴトウ
(11月1日付で、有限会社・株式会社オフィスゴトウが合併し新社名は、「株式会社 ゴキゲンホネグミ」に変更申請中。)
名 前   :  後藤 専
生年月日:  1966年10月31日
出 身   :  大阪府 東大阪市出身
~ 現在までの簡単な経歴 ~
以前の勤務先: 三和銀行
以前の勤務先: UFJ銀行
以前の勤務先: Morgan Stanley
以前の勤務先: ABN AMRO
銀行・外資系投資銀行・事業会社の海外進出のキャリアを積んで2004年1月から独立し、東京都内のオフィスビル、賃貸マンション、店舗を保有。現在7箇所の経営。
そして、アトラ株式会社が運営しているFCで「ほねつぎ鍼灸接骨院」を4院運営。

■会社情報
・全国93店舗(現在)のほねつぎチェーンがある中で開催された「ほねつぎグランプリ」では、2016年はほねつぎグランプリで準グランプリ(68店舗中)2017年は・オーナーズグランプリで2位を受賞

・高津院がハニースタイル部門で受賞

・現役Jリーガーの近藤直也さんが主宰されてるクラブ「DOサッカークラブ」のスポンサーになっている

・エキテンなどの集客サイトは利用せず、とにかく地元・周りの方の「口コミ」を非常に大切にしている。

運命の出会い



私が15・16歳の時に今の自分の姿は、全く想像していませんでした。
まさか自分が整骨院事業やるなんて微塵も考えはなかったですよ。

バブル時期に外資系の銀行、証券会社を経て、独立後、不動産業に転業しました。 整骨院業界に入ったきっかけは、元々貸ビル業を究めようと思って、色々な情報を探していたんです。

ビルに入ってくれるテナントさんの情報は、貸しビル業にとっては、とっても重要なものですからね。 それで、多店舗展開・フランチャイズ事業をやっている企業の募集説明会によく参加していました。

そんな中でフランチャイズ本部というのは、フランチャイズ店が入る物件をどうやって選んでいるのか? どんな物件をいい物件と判断しているのか?という疑問が湧き、フランチャイズ事業を徹底的に調べ始めたんですよ。

調べていくうちに テナントとしてビルに入ってもらうだけじゃなく、自分でもやってみたいという事業が、いくつか出てきました。

中でも「これは革命的だ!」と強く感じ、「やりたい!」って思ったのが、「ほねつぎ」だったんです。

もともと運動好きなので、今まで整骨院には何度も行ってますし、鍼も好きで、身近な存在でしたが、事業という目では、見たことなかったんです。

でも「ほねつぎ」の事業説明を聞いてからは、本気で加盟を考え、店舗見学もし、かなり乗り気だったんです。

しかし、ある日、ふと、「自分は貸しビル業で生きていくと一度決めたんだ。初志貫徹しなければ!」と思いなおして、この事業をあきらめたんです。

そうしたら、もうすごく寂しくなってしまって、、、、(笑)
「どうしようもなくこの事業に僕は惚れてしまったんだ」ということが身に染みてわかったんですね。

「一旦別れてみて初めてその大事さを知る」みたいな感じです。(笑)

「もう、これはやろう!これをやらなかったら生きてる価値はない!」っていうくらい気持ちが入っていきました。



一般的な整骨院は、患者さんのプライバシーを気遣って、窓にカーテンを引き、院内が見えないようになっています。

しかし、そうすることによって、整骨院をまだ知らない人たちに、さらに知られない存在にしているんですよ。

また、閉鎖的にも感じられるし、入りにくい雰囲気も作っています。

町を歩いていて、ふっと立ち寄りたくなるお店はどんなお店ですか? その中に整骨院はありますか?

あると答える人はどれくらいいるでしょうね?実際、中が見えないのに いきなり入れる人は、少ないと思います。

「ほねつぎ」の目の付け所は、そういう意味で革命的だったんです。 中の様子が見え、入りやすく、清潔できれいな整骨院。もうこれだけで、珍しいですから。

実は、データにも出ていますが、整骨院は、国民の4割にしか認知されていません。

整骨院を知らない人が、約6割もいるんですよ。そして、その6割の人々は整骨院で身体の痛みが治るということを知らないんです。他の業界から来た僕にとって、この事実はとても衝撃でした。国民の半分以下しか認知されていない事業は、伸び代が大きいですからね。しかも必要とされる分野であるにもかかわらず、知られてないんですよ。

私が思うにこのマーケットは、とても大きいんです。

肩の痛み・腰痛は、いまや国民病と言われていて、国民の7割が痛みを感じています。

その7割の人々のお役に立つためには、まず、整骨院の存在を知ってもらう必要があります。

さらに通りがかりで「入ってみようかな」と、思うくらいの開放的な雰囲気作りが、必要不可欠なんですよ。

「ほねつぎ」は、初めて接骨院に来たという、「接骨院デビュー」の患者さんが数多く来院されるので、狙いがドンピシャに当たってます。

3年前に1店舗目を開院しましたが、近所には、老舗の接骨院がありました。

普通は近所に同業者が出ると、マーケットの分断が起こって、お客さんの取り合いになるんですが、老舗の接骨院と私の接骨院は、全く客層が違うので、取り合いにはなりませんでしたね。それどころか相乗効果があったんじゃないかなと思います。

今まで接骨院を知らなかった人々が、その存在を知ることによって、老舗の接骨院にも注意を向けるようになるんですから、新規の患者さんも増えただろうと思います。

まとめ

前編では、整骨院業界に入ったきっかけや、「ほねつぎ」との出会いについてインタビューを行いました。
後編では「ゴトー式人財マネジメント」や「ゴキゲン ホネグミの設立」についてお伝えします。

後編はこちら

■企業HP
http://www.officegoto.co.jp/company.html
ほねつぎ鍼灸整骨院 (茨城県土浦近辺に4院持っている)

https://www.honetsugi-group.com/?s=%E8%8C%A8%E5%9F%8E
※ほねつぎ勝倉はりきゅう接骨院は他のFCオーナーの院です

スリーサイズ・オンラインで求人を掲載してみませんか?掲載はコチラから