経済連携協定(EPA)に基づく外国人看護師・介護福祉士候補者の滞在期間延長の条件となる国家試験の得点基準などを公表します

先日、厚生労働省が公表した「第106回看護師国家試験」及び「第29回介護福祉士国家試験」において、経済連携協定(EPA)に基づく外国人看護師・介護福祉士候補者の試験結果を公表しましたが、あわせて、閣議決定に基づく滞在期間延長の条件となる国家試験の得点基準、滞在期間の延長に関する手続・スケジュールについてもお知らせします。

○ EPA看護師候補者(平成26年度入国)の滞在期間延長の条件となる「第106回看護師国家試験」の得点基準は、合格基準点の5割以上の得点となる91点です。

○ EPA介護福祉士候補者(平成25年度入国)の滞在期間延長の条件となる「第29回介護福祉士国家試験」の得点基準は、合格基準点の5割以上の得点となる38点です。

詳しい内容に関しては、下記のURLよりご覧ください。
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000157214.html

スリーサイズ・オンラインで求人を掲載してみませんか?掲載はコチラから