柔整師も鍼灸師も鑑別力が大事!専門医との連携の仕方とは?

柔整師も鍼灸師も鑑別力が大事!専門医との連携の仕方とは?

※【オンライン企業説明会】参加者限定コンテンツです※

【開催日時】
・8月1日(日)中四国 10時30分~14時00分
・8月7日(土)九州    10時30分~14時00分
※本日程は終了いたしました。

動画の視聴はコチラから



【開催方法】
Web開催

【料金】
無料

柔整師も鍼灸師も鑑別力が大事!専門医との連携の仕方とは?

日本外傷協会理事長を兼任し、外傷に特化した治療院「おおえのき接骨院」の総院長である大榎良則氏による外傷セミナーです
接骨院を運営する上では、医師との連携は必ず必要となります。
医接連携のメリット・意義、どのように連携するのか?
医師との信頼関係を構築する為のポイント等を教えていただきます


[PROFILE]
大榎 良則
柔道整復師、ケアマネージャー、メディカルトレーナー

<活動>
日本柔整外傷協会代表理事を兼任し、年間約120件のギプス固定を施行。
外傷に特化した「おおえのき接骨院」総院長、大榎良則氏による外傷セミナーを開催。全国約300人の医師と連携。また介護事業(デイサービス・サービス付き高齢者住宅・訪問鍼灸)も行っており、地域医療・介護福祉に貢献。

プログラム

・医師連携とは?
・骨折・脱臼の同意
・医師連携のメリット
・柔整師も鍼灸師も鑑別力が大事!
・医師と連携を高めるポイント
・医師連携の意義


↓オンライン就職説明会への参加申込はこちら↓
http://line.naver.jp/ti/p/@ptx2563c

①「説明会受付スリーサイズ」をLINE友達登録
           ↓
②下記の内容をご返信いただければ予約完了です。
・名前
・学校名(学生のみ)
・学年(学生のみ)
・電話番号
・参加希望日

スリーサイズ・オンラインで求人を掲載してみませんか?掲載はコチラから