無理せず断食療法!ファスティングダイエットのすすめ

無理せず断食療法!ファスティングダイエットのすすめ

ファスティングダイエットは断食を利用した健康法の一種ですが、通常のものとは異なる部分も存在します。

通常の断食は減量や宗教的な目的から一定期間食物を断って水だけを口にするなど、ほとんど栄養を摂取しない場合もあるのに対してファスティングダイエットは食事制限によりデトックス効果など体内の老廃物を排泄し体調を整える事を目的に行われます。

食事制限



一般的に1日から3日ほどの食事制限の実施期間中は、消化器官を休めつつ栄養を摂取するため酵素ドリンクや野菜を使ったスムージーなどを使用することもあります。

また本格的な実施の前に準備期間を設ける事も行われています。

準備期間中は身体を食事制限になれさせるために脂質や塩分を避け、なるべく消化の良いもの選んで口にします。

その際食べすぎや飲みすぎを避け、食事の量を普段の6,7割の量にとどめます。

くわえて食事制限の実施後も復食期間を設け、準備期間同様おかゆ等の消化の良いものを選んで口にし身体への負担を避けながら通常の生活サイクルに戻していく事を行います。

この方法では食事制限を厳密に行うのではなく、また実施期間を短く制限することによって身体への負担を減らすことが出来るほか、精神的にも負荷が少ないため実践しやすいというメリットがあります。

食事制限の効果



食事制限の効果として実施期間中は消化や吸収の活動が抑えられ内臓を休ませることが出来ると言われています。

また身体の働きが排泄に集中するため体内の老廃物が排出され体調が整えられる効果も期待出来ます。

また一旦味覚や食事のサイクルをリセットする事により食習慣を改善する事も可能です。

現代の食生活では食事の味付けなどで、身体が欲していないにも関わらず習慣やまた周囲からの影響で塩分や糖質を取りすぎてしまっているケースもあると言われています。

そのため一定期間味の濃い食べ物を避ける事により味覚の状態をフラットにすると、本来の自分の身体の求めている栄養に合わせた味覚が整えられるため無理せずに食生活の習慣を改める事が期待できます。

しかし単純な減量が目的ではないため過度な食事制限は禁物です。

リバウンドのリスク



無理のある減量はリバウンドのリスクが高く、体調不良を引き起こす可能性もあるため体調を整え健康を維持することを目指す事が大切です。

またファスティングダイエットに限らず食物制限を伴う健康法全般を実施する際には体調に十分注意しなければならないため、特に長期間の食事制限を行う際には事前に必ず医師や専門家に相談する必要があります。

エネルギーの不足により身体のバランスを崩した場合にはめまいや便秘などの体調不良の他に肌荒れなどが生じる可能性があるため、身体に異変を感じた場合にはすぐに中止し医師の診察を受ける必要があります。

スリーサイズ・オンラインで求人を掲載してみませんか?掲載はコチラから