「あん摩マッサージ指圧師」とは?(後編) 歴史を知ろう!

「あん摩マッサージ指圧師」とは?(後編) 歴史を知ろう!

国家資格である「あん摩マッサージ指圧師」。名称は法律でも一つにくくられていますが、「あん摩」「マッサージ」「指圧」はそれぞれに発展してきた歴史を持っています。


「あん摩」の歴史



「あん摩」は中国で生まれた治療技術で、そのルーツは、文明が誕生する以前の古代にまでさかのぼります。

人々が怪我や痛みで苦しんだ時に患部に手を当て、揉む、撫でる、押さえるという行為をしたことが始まりだとする説が有力です。それらは人間の本能的な行動でもあるため、正確にいつ頃生まれたとは定義できません。

そういった行為が次第に治療という方向に集約されていったものと考えられており、「鍼灸師」とは?(後編)で触れた書物「黄帝内経」にも「按摩」という記述が出ています。

その後、中国の各時代を経て按摩の技術は発展をとげ、やがて日本にもたらされました。

757年に公布された「養老律令」に按摩師の仕事についての記述がみられるため、職業としての「あん摩」は奈良時代に始まったと考えられています。

その後、江戸時代に杉山和一による杉山流をはじめとした各流派が成立し、民間にも治療の裾野が広がっていきました。


「マッサージ」の歴史



前述の「あん摩」の歴史にある通り、太古から存在した「揉んで治す」という技術がヨーロッパで確立されたのがマッサージです。

同様の技術は世界各地に存在しますが(タイ式マッサージなど)、日本の法律で規定されているマッサージはヨーロッパに由来するものを指します。

古代ギリシャの時代からマッサージが医療の一環として存在していた事実は伝わっていますが、それが体系化されたのは16世紀です。

外科治療や整骨術の進歩に大きな貢献をしたアンブロワーズ・パレというフランス人の医師が、マッサージの効能を研究し、それを世に広めました。

その後、研究が進むにつれてヨーロッパ各地にひろがり、明治時代には日本にも伝来。他の手技療法とも融合しながら日本の風土にあった性質のものへと進化しています。


「指圧」の歴史



指圧は日本で生まれた手技療法。「指圧」として体系化されたのは大正期なので新しい技術と考えられるかもしれませんが、そのルーツは按摩、マッサージと同様、古くまでさかのぼります。

古来の考え方である、経絡経穴(いわゆる“ツボ”)に刺激を与えて症状の緩和や調子を整える、という点では、あん摩にも近い起源を持っています。

これが江戸時代、太田普斎によって“按腹図解”という書物に著され、現在の指圧の原形と言えるものが確立されました。

その後、明治時代以降に、アメリカから渡ってきたカイロプラクティック、オステオパシー、スポンディロセラピーといった手技を取り込み、独自の“指圧”が完成しました。


戦後、国家資格に

このように、それぞれの道をたどりながら進化・発展を遂げてきた「あん摩」「マッサージ」「指圧」ですが、戦後は柔道整復師、鍼灸などと共に、GHQの指導によって廃止の方向に進みそうになりました。

しかし、これらの治療に携わる人々や、治療に支えられた人々、理解のある政治家たちによって運動が続けられ、昭和22年に「あん摩、はり、きゅう、柔道整復等営業法」が制定。現在に至ります。

国家資格として認められた後、今もその技術は日々の研究で磨かれながら、若い世代に受け継がれています。

スリーサイズ・オンラインで求人を掲載してみませんか?掲載はコチラから